ネットワークビジネス

ネットワークビジネスとは?本業・副業になる仕組みとMLM成功の極意

副業をするにあたって、ネットワークビジネス又はMLMという言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか

ネットワークビジネスはMLM(Multi Level Marketing)とも呼ばれ、副業として取り組むサラリーマンや主婦も多いです。

ただ、誰もがネットワークビジネスの副業で成功するという簡単なことでもないです。

しかし、正しい知識と集客のやり方を理解して実践すれば、半永久的な不労所得を得ることができ、毎月、チャリンチャリンとお金があなたに入ってきます。

このサイトでは、ネットワークビジネス成功者の「極意」とサラリーマンと主婦の副業で人気のMLM会社を紹介します。

ネットワークビジネスとは?MLMの本当の意味

ネットワークビジネスとは口コミや知り合いのコミュニティの中で商品の売買を行ってマーケティングを広げていく、MLM、すなわちマルチレベルマーケティングという仕組みを使ったビジネスのことです。

商品を購入した人を勧誘し販売員になってもらうことで、またその人が別の人に販売してさらに販売の幅を広げていくビジネスモデルです。

ネットワークビジネスというと、怪しく聞こえたり違法なビジネスであるかのように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、しかしネットワークビジネス自体は決して違法なものではありません。

イメージだけが先行しているために悪いもののように思われがちですが、実際のところは健全なビジネスモデルであるといえます。

理由としてはネットワークビジネスでは一切広告を打たないことがあります。

広告を打たずに口コミだけで宣伝するので、宣伝費用がそのまま商品開発などに回せるので商品価値の向上が見られます。

商品が向上するために購入者や購入数が増えるため、多くの人々に商品が手に取られることとなり損をしないビジネスとなるのです。

ネットビジネスとネットワークビジネスの違い

インターネットの普及以降、個人で通販ショップを立ち上げたり、仕入れた商品をオークションサイトで売却したりて利益を上げる人が増加しています。

こうした、インターネットを活用したビジネス形態を総称してネットビジネスと言いますが、現在では非常に多くの企業が公式ウェブサイトを設置して顧客サービスに努めているため、ある意味ではビジネスの世界全体がネットビジネス化しているとも言えます。

ところで、このネットビジネスとよく似た言葉に、ネットワークビジネスと呼ばれるものがあります。

こちらはその名の通りネットワークを使ったビジネスという意味ですが、ここでいうネットワークとは人脈のことを指します。人

間関係のネットワークを通じて商品や情報などを流通させ、口コミによって商品の購入などを促します。

たとえば○○さんが発売元から商品を購入し、それを××さんに勧めます。もし××さんが商品を購入したら、その売り上げの一部が○○さんに紹介料として発売元から支払われます。以下、××さんが△△さんに、といった具合に続いていきます。

つまりこの2つのビジネスは、名称は似ていてもまったく性質の異なるものです。

ただ、インターネットの普及によって人々のコミュニケーションが格段に活発化したことから、ネットワークビジネスもまたネットビジネス化する傾向にあると言うことはできます。

ネットワークビジネスの仕組み

ネットワークビジネスは、商品などを購入して会員となって、他の誰かを会員に誘い、誘われた会員が別の誰かを誘って会員にするというネットワークを築き上げてビジネスをしていくという仕組みになっています。

ネットワークを築くことによって、会員は権利収入と呼ばれる利益を得ることができます。

この報酬は、ネットワークビジネスでは報酬と呼ぶことが一般的で、会員数が多ければ多いほど製品やサービスの購入額が大きくなっていき、対象範囲も大きくなります。

ネットワークビジネスを行う上で注意したいのが、会社ごとに組織のネットワークの形成の仕方が異なるという点です。

ネットワークの形成の仕方によって権利収入の発生の仕方も違ってきます。

企業ごとに発生する権利収益の違いを報酬プランといい、大きく分けてブレイクアウェイ、バイナリー、ユニベルトいう種類に分けられます。

それぞれプランに特徴がありメリット・デメリットがあるため、どのようなタイプが良いのかはしっかり考えてから会社を選ぶことがポイントです。

また、ネットワークビジネスを成功させる仕組みとして重要なのが人脈です。

人脈がない、人を勧誘できるだけのコミュニケーション能力がないと成功させるのは難しいと考えられます。

ネットワークビジネスとネズミ講の違い

Multi Level Marketing(MLM)は、日本においてはネットワークビジネスという言葉で説明されている場合が多いです。

ネットワークビジネスは消費者の口コミによって販路を拡大していくビジネススタイルで、購入者自身が販売者となって、周りにいる消費者に商品をすすめていきます。

このネットワークビジネスでは、商品販売者と消費者との間やユーザー同士の間でトラブルになることも少なくなく、その影響でネットワークビジネスのことをネズミ講(無限連鎖講)と同じ扱いをしている人が少なくありません。

しかし、ネットワークビジネスとネズミ講は、まったく異なるものです。

ネットワークビジネスでは消費者は実際に品物を手にすることになりますが、ネズミ講は金銭の授受のみで商品が介在することはありません。

また、ネズミ講では永遠に会員を募集して金銭を集め続けなけばならず、募集を終えたらあっという間に破綻して会員が少なからず損害を受けます。

このような仕組みとなっているため、日本では1979年に施行された無限連鎖講の防止に関する法律でネズミ講は明確に禁止されています。

MLMはビジネスの一種ですが、ネズミ講は処罰の対象となります。

ネットワークビジネスの種類

欧米ではネットワークビジネスが一般的に行われていますが、日本だとネガティブなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

なぜネットワークビジネスが悪いイメージを持たれているかというと、ねずみ講と同じように考えている人が多いからです。

そのようなネットワークビジネスの会社の種類は大きく分けて4つあります。

どのように分かれているかというと、主に美容健康関係や投資関係、IT関係や旅行関係です。この中でも特に多いのが美容健康関係であるといえます。

なぜ美容健康関係が多いのかというと、さまざまな年代の人達に需要が高いからです。

いつの時代にもすたれることがないテーマなので、美容健康関係のネットワークビジネスが多いです。

投資関係はリスクが大きく、詐欺的なものも多いので減少傾向にあるといえます。

IT関係も継続的な設備投資が必要で、莫大な費用がかかるので減少しつつあります。

またネットの世界はめまぐるしく新しい情報が出てくるので、日々のITの進化について行けず、いずれは倒産してしまう傾向です。

旅行を商品としているネットワークビジネスでは、会員制にして特別感を与えることによって会員を増やすことに成功しています。

ネットワークビジネスのメリットとデメリット

デメリット

ネットワークビジネスとは、口コミを使って商品を販売したり、購入者を誘って販売員になってもらうビジネスになります。

ネズミ講に近いビジネスですので、胡散臭いと思われがちなビジネスですが、基本的には合法ですので副業として行っている人もいます。

そんなネットワークビジネスの大きなメリットは、お金がなくてもすぐに初められるということが挙げられます。

初期投資として登録料が必要になるケースもありますが、登録料は安く1万円前後で始められます。

難しい知識は必要なく、在宅でできることも多いのが特徴です。

家にいながらできるため、普段は家にいる主婦の人でも簡単に始められたり、副業としてちょっとした時間で稼ぐということも可能です。

ネットワークを大きくすればするほど自分が積極的に商品を販売しなくても、会員の誰かが商品を販売した時の利益を得られるようになります。

これを権利収入といい、ネットワークビジネスのメリットと言えます。

メリットの多いネットワークビジネスですが、友達を勧誘することによって人間関係が悪くなってしまう、ネガティブなイメージを持つ人から距離を置かれてしまうなどのデメリットもあるため、メリットだけではなくデメリットも知ってから始めることが大切です。

デメリット

ネットワークビジネスは人間関係でビジネスを展開しお金を儲けることができるため、不特定多数に様々なものを販売したりする場合に比べて非常に手っ取り早く行うことができる面があります。

しかしそのために様々なデメリットを生じることが少なくありません。

その中でも最も大きなものが人間関係の悪化と、様々な風評被害です。

ネットワークビジネスは人づてにビジネスを進める方法であるため、その情報が人づてに伝わっている間に歪んでしまうことがあります。

その際に根本的な情報が変わってしまうことが多いことから、そのイメージが歪んでしまうことが多くなっています。

さらにこれらのビジネスの進め方は多くの利害関係を生んでしまうため、最終的には悪いイメージとなってしまうことも多いので注意が必要です。

ネットワークビジネスは自分自身が利益を得ていると思っても、実際にはその労力ほど高い利益を得ることができない場合も少なくありません。

そのためこれを行う際には慎重に進めないと、様々なトラブルを誘発してしまう危険性があります。

通常のビジネスに比べてリスクが高い点もデメリットとなっているため、様々な方面からの情報を十分に入手しながら、ダメージの少ない方法を選ぶことが必要です。

ネットワークビジネスの成功者の特徴

ネットワークビジネスの成功者の特徴とは、どのようなものなのでしょうか。

1つずつ挙げていってみたいと思います。まず、本当にお金を持っているということが挙げられます。

家が広くて、高い土地に一軒家があったり、車庫に高そうなスポーツカーがあったりする人がいるようです。

お金持ちを演出する人も多いようですが、本当にお金を持っている人もいるということが言えます。

次に、若々しいという特徴があります。

年齢通りに見えないという言い方をしても分かりやすいでしょうか。

5歳くらいは若く見えることがあるようです。

ネットワークビジネスでは、化粧品や日用品の販売をすることが多いので、不健康そうな人が販売することで説得力がないことを避けるためではないかと言われています。

そして、相手に合わせて会話をすることが上手いことが挙げられます。

聞き上手で、顧客のニーズを聞き出すことができることが大切だからです。

職人芸と言えるものであるとも言われています。

それから、発言に重みがあることも挙げられるようです。

特有の迫力がある喋り方をする人が多いと言われています。

更に、元々の境遇が恵まれている人もいるということが挙げられるでしょう。

老舗企業の何代目かの生まれであることがあるようです。

MLMとネットワークビジネスの歴史

現代ではあって当たり前となっているネットワークビジネスは、いつごろから登場したのでしょうか。

あまり知られていないことですが歴史は古く、1930年代中ごろにはアメリカ、カリフォルニア州で誕生していたといいます。

1950年代には日本に現在でも残る企業が誕生し、60年代には事業者数200社を超えました。

また、カナダをはじめ欧州へとネットワークビジネスは広がっていきます。

ある企業の悪質な商法による裁判によって、ビジネスの存在を認められるようになるとさらに事業者は多くなっていきました。

1980年代には事業者数を2000社以上にしており、多角的な経営が求められるようになっています。

現在では130か国以上で数千万人の人が参加し、15兆円を超える巨大なビジネス市場となりました。

日本に登場したのは1969年ごろです。

その後一時的に1970年代前半に話題となりましたが、マルチ商法と勘違いされてしまいました。

さらに80年代、90年代ともに話題となっており、現在では日本で1000社以上の企業が加入し、3兆以上の売り上げを誇っているビジネスとなっています。

今後もビジネス市場で高いニーズを誇る分野として、利用する人が多くなると考えられるようになってきました。

ネットワークビジネスは副業に最適

ネットワークビジネスは副業に最適な在宅ビジネスで、コツコツ努力をして行けば予想以上の収入を得ることができるので老後のことを考えて始める人が増えています。

副業として楽しく働くことができるので魅力に感じている人が沢山いますが、好きな時間に仕事をすることができるので小さな子を持つ親に特に人気があります。

種類もアフィリエイトやメール受信、ドロップショッピング等色々あるのでその中から自分に合ったものを選択することができますし、仲間を見つけて楽しく作業を行うこともできます。

現代はSNSの時代で多くの人がインターネットを行っているのでネットワークビジネスもそれほど苦労することなくネットワークビジネスを始めることができますし、難しいことを覚える必要がない点に魅力を感じている人も多いです。

中にはネットワークビジネスを始めたけど上手く行かずに悩んでいる人もいますが、その場合には解決法を見つけてくれる専門家に話を聞けば良いのでそれほど心配することはないです。

このように今では副業としてネットワークビジネスを始める人が増えていますが、何をすれば効率的にお金を稼ぐことができるのかよく考えた上で作業を開始した方が良いです。

ネットワークビジネス成功のまとめ

ネットワークビジネスを副業で成功させる極意は、ネット集客など、やり方を教えてくれる人、又はグループの下でやることです。

 

 

 

-ネットワークビジネス
-, ,

Copyright© 趣味は副業のサラリーマンのブログ , 2020 All Rights Reserved.